DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
34号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/1318

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 英国の不妊当事者サポートにおける生殖看護師と自助グループの協働
タイトル別表記: Partnerships between Fertility Nurses and Self-help Grouops in Britain to Support Coping with Infertility.
著者: 森, 明子
清水, 清美
川元, 美里
桃井, 雅子
永森, 久美子
キーワード: 英国
生殖看護師
自助グループ
非配偶者間人工授精
多胎妊娠
Britain
Fertility nurses
Self-help groups
Donor insemination
Multiple pregnancies
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 34
開始ページ: 62
終了ページ: 69
発行年月日: 2008年3月
出版者: 聖路加看護大学
ISSN: 0289-2863
抄録: 聖路加看護大学21世紀COE プログラムWomen-Centered Care 不妊ケアプロジェクトでは, 市民主導の健康 生成をめざす看護(市民が主人公のケア:People-Centered Care) の拠点として, 不妊に悩む女性たちが適切な 情報とサポートのもとで不妊治療に伴うストレスや選択に対処することができるよう, 看護専門職の質の向上 を含む, コミュニティにおける環境づくりの推進, 市民やヘルスケア専門家のパートナーシップやわかちあい, 調和などにより継続的に協力体制や組織化を進める新しいケアモデルの研究を進めている。 本研究の目的は, 英国における不妊当事者のサポートにおける生殖看護師と当事者グループの活動ならびに 両者の協働, そして生殖看護師の教育について記述し, 本学COE 不妊ケアプロジェクトの活動を位置づけ, 今後の日本での活動への示唆を検討する。 研究方法は, 英国の生殖看護師と当事者グループに対し, 1. 当事者サポートに看護者と当事者はどのよう にかかわりあっているか, 2. 看護者の専門性を高める教育がどのように行われているかの2点について, COE 不妊ケアプロジェクトの活動と比較検討した。 結果は, 当事者サポートのケアモデルには, コンサルテーション, 情報資料や教材の作成, 交流会の実施や 支援, Web ページでのBBS の提供があった。当事者に対する直接的なコンサルテーション, 当事者グループ との協働による教材の作成やアウトリーチモデルによる交流会の開催などを行ったCOE 不妊ケアプロジェク トの活動は, 英国の生殖看護師の活動には見られないもので, 大学教員ゆえに取り組みやすい活動として位置 づけられた。 一方, 指名の看護師(named nurse) によるコンサルテーションや体験者参加型の双胎妊娠カップルの交流 会は, 日本にはほとんど見当たらないが, 今後必要なモデルとして検討できた。また, 生殖看護師の教育にお いて, 当事者の体験を直接伝え, 当事者の立場で講演するプログラムを組むことについては両国で行われてお り, 当事者からも高く評価されていた。
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/1318
出現コレクション:34号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
Women-Centered Care-不妊ケア

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
209報告/森-英国の不妊当事者.pdf466.41 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください