DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
34号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/1315

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 幼稚園・保育園年長児向けのプログラム"自分のからだを知ろう"に対する評価指標の検討
タイトル別表記: Examining the Outcome Measure of the Program for Preschool Age Children "Knowing Our Body"
著者: 大久保, 暢子
松谷, 美和子
田代, 順子
岩辺, 京子
今井, 敏子
後藤, 桂子
菱沼, 典子
佐居, 由美
白木, 和夫
中山, 久子
有森, 直子
森, 明子
石本, 亜希子
瀬戸山, 陽子
三森, 寧子
印東, 桂子
村松, 純子
山崎, 好美
キーワード: 市民主導
幼稚園・保育園年長児
からだを知る
評価指標
Outcomeモデル
people-centered care
preschooler
knowing our body
outcome measure
outcome model
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 34
開始ページ: 36
終了ページ: 45
発行年月日: 2008年3月
出版者: 聖路加看護大学
ISSN: 0289-2863
抄録: 本研究の目的は, 幼稚園・保育園年長児を対象としたプログラム“自分のからだを知ろう”に対する評価指 標を検討し, OUTCOME モデルを提示することである。研究方法は, からだの知識7系統(消化器, 呼吸器, 泌尿器, 循環器, 筋骨格, 神経, 生殖器) で構成されている紙芝居, 臓器T シャツ, 絵本を幼稚園・保育園 の年長児に行い, 保護者にプログラムの感想とからだの知識に関するアンケート調査を行い, その内容をカテ ゴリー化した。さらにカテゴリーでOUTCOME モデルを作成し, 仮説モデルと比較検討を行った。倫理的配 慮は, 研究倫理審査委員会で承認を得ると共に, プログラム実施時およびアンケート配布時に研究参加の自由 意思, データの守秘等を考慮した。結果, 幼稚園・保育園年長児の子ども側とその親側の両側面からカテゴリー が抽出でき, OUTCOME モデルが作成できた。OUTCOME モデルは仮説モデルの内容をおおよそ支持できる 内容であったが, モデル内の変数間の関係性や, 変数に準じた測定道具の選定など課題も残った。今後, 追研究でそれらを補い, 事象に近づくモデルに精錬していく必要がある。
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/1315
出現コレクション:34号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
2.学術論文
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
206報告/大久保-幼稚園.pdf447.35 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください