DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
学位論文 >
看護学研究科 >
博士論文 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/13133

タイトル: 構造方程式モデリングを用いた乳児虐待と家族内の要因の因果構造の探索
タイトル別表記: Causal relationship between infant abuse and family factors using structural equation modeling
著者: 馬場, 香里
著者名ヨミ: ババ, カオリ
指導教官: 片岡, 弥恵子
キーワード: 児童虐待
乳児
家族
危険因子
共分散構造分析
両親
Child abuse & neglect
Infant
Family
Risk factors
Structural equation modeling
Parents
発行年月日: 2016年
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/13133
出現コレクション:博士論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
DN[k145]_abst.pdf論文要旨94.58 kBAdobe PDF見る/開く
DN[k145]_exam.pdf審査結果の要旨150.74 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください