DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12883

Title: 成人看護学実習(慢性期)の構築―学びの深化を目指して―
Other Titles: The Structuring of Adult Nursing Practice(Chronic Illness and Conditions)―Striving to Deepen the Learning Experience―
Authors: 髙田, 幸江
松本, 文奈
高橋, 奈津子
Keywords: 慢性期看護
外来看護実習
病棟看護実習
学びの深まり
nursing for chronic illness and conditions
outpatient nursing practice
ward nursing practice
the deepening of learning
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 105
End page: 110
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 本学では,2013年度から成人看護学実習(慢性期)において,病棟実習1 週間,外来実習1 週間を組み合わせた臨地実習を行っている。2014年度は「指導ポイントツール」を開発し,各部門の臨床指導者と,学生の実習目標達成に向けて指導内容や指導方法の共有を図り,指導連携を強化した。2015年度は, 1週目に病棟実習を5日間, 2週目に外来実習を固定して構成した。実習最終日に「慢性期実習学び統合カンファレンス」を設定し,学生が病棟実習と外来実習での学びを統合し,慢性期看護を考察する機会を設けた。また,指導者アンケートの結果を踏まえ,「指導内容共有シート」を作成し,学生の個々のレディネスに合わせた指導連携を図った。本報告では,学生の更なる学びの深まりに向けて取り組んだ2015年度の実践内容を報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12883
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_105-110.pdf817.99 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback