DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12881

Title: 高齢入院患者のためのせん妄等予防・入院支援プログラム Hospital Elder Life Program in St. Luke’s(HELP in SL)の導入と初期評価  ―聖路加国際大学看護学部老年看護学・聖路加国際病院・看護学生ボランティアの協働から―
Other Titles: Implementation and Evaluation of the Hospital Elder Life Program in St. Luke’s(HELP in SL)to Prevent Delirium in Older Adult Inpatients―A Collaborative Project of the Gerontological Nursing Department at St. Luke’s International University’s College of Nursing, St. Luke’s International Hospital, and Nursing Student Volunteers―
Authors: 亀井, 智子
川上, 千春
金盛, 琢也
桑原, 良子
山本, 由子
内山, 真木子
岩崎, 寿賀子
福島, 阿衣
田中, 万里子
柳橋, 礼子
柏木, 早穂
Keywords: Hospital Elder Life Program(HELP)
入院
高齢者
せん妄予防
Hospital Elder Life Program(HELP)
hospitalized
older adults
prevention of delirium
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 94
End page: 99
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: せん妄等のハイリスク高齢入院患者の認知・身体機能を維持し,退院まで最大に自立した状態で過ごすことを目的として,ベッドサイドに看護学生ボランティアが訪問し,快適な時間を提供する聖路加版Hospital Elder Life Program(HELP in SL)を聖路加国際病院看護部,看護学部老年看護学教員,看護学部学生によるHELP in SL チームにより開発した。  看護部HELP in SL コーディネーターは対象者の選定と事前説明,病棟看護管理者は当日の対象者の心 身状態の確認と安全面の管理,看護学部教員は看護学生ボランティアの募集と教育,必要物品の用意,アセスメント票・報告シート・エプロン・ローテーション表・実践ガイドなどの作成を担当し,2015年9月中旬から週2回の頻度で2病棟で試行を開始した。開始1カ月間に6名(平均年齢91.5±7.7歳,すべて女性)に対し,新聞の読み語り,回想法など,延べ20回のHELP in SL を提供した。  HELP in SL は病院看護部と看護学部,看護学生間の新たな協働方法による高齢入院患者への支援モデ ルとなり得ることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12881
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_94-99.pdf781.31 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback