DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12878

Title: 学生にとって学びやすい実習室を目指した取り組み ―学生実習室委員会との連携および実習室助手の役割に焦点をあてて―
Other Titles: Improving the Nursing Learning Lab to Facilitate Nursing Students’ Self-study  ―A Collaboration with the Nursing Learning Lab Student Committee and the Nursing Skills Lab Instructor Evaluation―
Authors: 佐居, 由美
中溝, 倫子
宇都宮, 明美
森島, 久美子
蛭田, 明子
沢口, 恵
桑原, 良子
大原, まどか
藤田, 俊介
Keywords: 看護学生
看護実習室
実習室助手
連携
nursing student
nursing skills lab
nursing skills lab instructor
collaboration
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 78
End page: 82
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 聖路加国際大学看護学部では,教員と学生が連携し,学部生にとって学びやすい環境となるよう実習室を整備する取り組みを行っている。2015年度は学生実習室委員会を発足させ,学生の意見を実習室環境の整備に反映させるとともに,常勤実習室助手の自己学習支援により,学生が学びやすい環境となるよう整備した。学生実習室委員会は学部生16名で構成され,月に1回,教員実習室委員とともに学生実習室委員会を開催している。2015年度前期の主な検討内容は,実習室環境整備やアンケート調査への協力などであった。  実習室助手は学生の自己学習支援および実習室環境整備を調整する役割を果たし,その活動は,学生から「支援が行き届いている」という評価を得ている。学生から実習室助手への要望としては,技術指導内容の充実,対応時間の拡大,物品整備などがあった。実習室全体では,自己学習スペースや物品数の不足,使用上のマナーなどの課題があがった。今後も学生との連携のもと,学生にとって学びやすい実習室を目指した取り組みを継続していきたい。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12878
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_78-82.pdf882.51 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback