DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/12877

タイトル: 自然体験活動を基軸とする幼児教育の現状とその展望―森のようちえん全国調査の結果から―
タイトル別表記: Current Situation and Overview of Early Childhood Education Based on Experiencing Nature  ―Results of a National Survey on Forest Kindergartens in Japan―
著者: 菊田, 文夫
藁谷, 久雄
田中, 誉人
伊藤, めぐみ
キーワード: 森のようちえん
自然体験活動
幼児教育
保育
実態調査
forest kindergartens
nature experience activities
early childhood education
childcare
fact finding survey
掲載誌: 聖路加国際大学紀要
巻: 2
開始ページ: 72
終了ページ: 77
発行年月日: 2016年3月
出版者: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
抄録: 本研究の目的は,全国に展開されている「森のようちえん」活動の現状と課題について把握し,森のようちえんを新たな幼児教育の方法論として確立するための提言を行うことにある。  全国の森のようちえん156施設から得られた回答によると,その活動コンセプトとして,「子どもがおかれている環境を整える」「大人が育ち合う中で子どもを育てる」「子どもが自ら育つ力を信じて支援する」「自然との関わりに価値をおいた活動を進める」「子どもの成長を大人みんなで見まもる」「子どもの生きる力を育む」があげられた。さらに,今後,「森のようちえんの理念を組織的な活動として拡げる」「子どものために,森のようちえんを通して,大人が果たすべき役割を担う」「森のようちえんの質を高める」「それぞれのニーズに合った森のようちえんを実践する」「森のようちえんの活動をアピールする」「すべての子どもに森のようちえんを体験できる機会を提供する」といった方策が求められていることがわかった。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/12877
出現コレクション:Vol.2

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
SLIU_2_72-77.pdf683.5 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください