DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12875

Title: 大学と病院との実習における協働体制を育む取り組み―急性期実習意見交流会の試み―
Other Titles: Measures to Nurture Collaboration between a University and a Hospital for Practical Training  ―Trials on Opinion Exchange Meetings Regarding Acute Illness and Conditions Training―
Authors: 池口, 佳子
宇都宮, 明美
櫻井, 文乃
畠山, 有希
伊藤, 里奈
Keywords: 急性期実習
意見交流会
学部実習担当者
部署スタッフ
協働
adult nursing practice(acute illness and conditions)
opinion exchange meeting
the educational resource nurse
the staff nurse
collaborate
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 63
End page: 67
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 本学においては聖路加看護大学と聖路加国際病院との一体化を受け,臨床での教育を強化すべく,実習環境の更なる充実に向けた取り組みが行われている。学部3年次に行われる成人看護学急性期実習においては,一体化前の2013年度より,臨床指導を行う病棟スタッフと大学教員との交流を深めるために,大学側が企画し意見交流会を実施してきた。  3回目となる今年は,臨床指導者も主体的に参加できるように,2名の学部実習担当者が企画から参加し,教員との協働で運営をするような体制とした。その結果,教員と共にこの事業を推進した学部実習担当者が進行を担うことで,病棟のスタッフ間の情報共有が活発となり,各病棟の実習への取り組みや実習指導を行って嬉しかったことなどを共有するのみならず,病棟を超えた実習環境の改善につながった。今後は,学部実習担当者とともに部署スタッフの参加を促し,病棟全体の実習指導に対する理解を深めることが課題である。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12875
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_63-67.pdf1.01 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback