DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12872

Title: 学習者の視点を活かした実習レベル目標の作成  ―聖路加国際大学カリキュラム2015実習レベル目標検討ワーキンググループ活動報告―
Other Titles: Constructing Training-level Goals Based on Learners’ Perspectives  ―Report on the Activities of the Working Group for Training Level Goal Setting in 2015 Curriculum at St. Luke’s International University―
Authors: 池口, 佳子
佐居, 由美
長松, 康子
千吉良, 綾子
小林, 京子
飯田, 真理子
大橋, 明子
永井, 智子
高橋, 奈津子
三森, 寧子
三浦, 友理子
吉田, 千文
松谷, 美和子
Keywords: 実習レベル目標
学習者の視点
教育理念
形成評価
goals for different levels of nursing practice
perspective of learners
education ideals
formation evaluation
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 47
End page: 52
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 本学においては,2014年の聖路加看護大学と聖路加国際病院との法人一体化を機に,「臨床で学ぶ,臨床を学ぶ」を合言葉に,より臨床での教育を強化したカリキュラム2015が2015年4 月の学部入学生より導入された。このカリキュラムに対応した実習のレベル目標の検討と形成評価導入に関する検討を行ったワーキンググループの半年間の活動を報告する。  実習レベル目標を作成する際に重視した点は,教育理念を再確認し,People-Centered Care の概念を分かりやすい表現で入れる・横軸の要素の表現を見直す・学部の全学生がレベルⅢまで到達可能な目標とする・各領域,全学の合意のもとに作成する・学習者である学生にとって,使いやすいものにすることであった。そのために,実習が終了した学部4 年生へのヒアリング・2 回にわたる公開ワーキングを実施し,学習者の視点を活かした3 段階のカリキュラム2015実習レベル目標を作成した。形成評価に関しては,検討の結果導入が見送られた。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12872
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_47-52.pdf906.75 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback