DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12868

Title: デンマークの医療制度とその背景にある同国民の生活観についての考察
Other Titles: An Overview on the Medical System and the Way of Living in Denmark
Authors: 太田, 大介
Keywords: 医療制度
医療システム
デンマーク
社会的共通資本
共生
medical system
Denmark
social common capital
symbiosis
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 29
End page: 31
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 本稿では,筆者のデンマークへの留学経験をもとに,デンマークの医療システムを概観し,それを支持する現地住民の生活感について日本との比較も交えながら考察した。  デンマークの医療制度は国民皆保険制度である点で日本と共通する。一方デンマークでは,わが国のようなフリーアクセスは認められておらず,登録医制度のもと患者の医療へのアクセスは制限されている。デンマークでは各種調査によれば82% 2 )~90%以上の住民1 )が現行の医療制度に満足しており,わが国の43%と大きくかけ離れている。患者は家族を含めて診療してもらっているGP に高い信頼を寄せており,また,医療システムを含めた国の政策に対する当事者意識も高い。わが国の,政治への無関心や医療場面で治療方針を医師にゆだねる傾向とは大きく異なっていて,医療への主体性の違いが患者の医療への満足度の違いにもつながっていると考えられた。  両者の違いを検討することは,今後のわが国の医療を考える際に重要な示唆を与えていると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12868
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_29-31.pdf583.02 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback