DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12865

Title: 戦前・戦中期にみる聖路加と日本赤十字社の 公衆衛生看護とその教育の特徴
Other Titles: Public Health Nursing by and St. Luke’s International Hospital and St. Luke’s College of Nursing and the Japanese Red Cross Society,  and Characteristics of Their Education Prior to and during World War II
Authors: 鶴若, 麻理
渡部, 尚子
川原, 由佳里
吉川, 龍子
新沼, 久美
内田, 卿子
岩間, 節子
直井, 久枝
大橋, 明子
松本, 直子
廣瀬, 清人
Keywords: 聖路加
日赤
公衆衛生看護
公衆衛生看護婦
公衆衛生看護の教育
St. Luke’s International Hospital and St. Luke’s College of Nursing
The Japanese Red Cross Society
public health nursing
public health nurse
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 2
Start page: 1
End page: 9
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 本研究の目的は,日赤と聖路加の戦前・戦中期(1928 - 1945年)にみる公衆衛生看護とその教育の歴史の一部を明らかにし,その共通点や相違点を考察することである。両者の共通点は,① 3 年の看護基礎教育を基盤に1 年の専門教育を実施,②わが国の公衆衛生看護確立における両者にみる人的連携協力,である。相違点は,①公衆衛生看護とその教育開始の契機(日赤は国際連盟規約と赤十字社連盟第1 回総会での決議により日本人の手によって開始,聖路加は米国から影響を受け,米国の専門指導者を招聘して開始),②教育後の実践方法(日赤は日本各地での個人実践が中心,聖路加は病院内に公衆衛生看護部をつくり集団実践が中心),③公衆衛生看護実践の連携と組織化(日赤は個人実践が中心のため実践者間の連携や組織化が難しかった,聖路加は米国に範をとり院内外の他領域との連携,組織化を図る),④戦局による影響(日赤は教育を中断し直接的な戦時救護に協力,聖路加は保健所法等制定から国家衛生行政活動の一翼を担い間接的に戦時協力)が考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12865
Appears in Collections:Vol.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU_2_1-9.pdf867.57 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback