DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.1 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/12781

Title: 助産師の卒後教育における分娩後出血 シミュレーショントレーニングプログラムの開発
Other Titles: Development of the Simulation-Based Training Program for Midwives to Improve Clinical Assessment and Skill for Postpartum Hemorrhage
Authors: 蛭田, 明子
五十嵐, ゆかり
佐藤, 理恵
豊嶋, 優子
加藤, 千穂
片岡, 弥恵子
Keywords: 分娩後出血
救急
助産師
シミュレーション
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 1
Start page: 127
End page: 130
Issue Date: Mar-2015
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 分娩後出血は,妊産婦死亡の主要な原因となっており,世界的に取り組むべき課題である。我々は,助 産師のアセスメントおよびスキルの向上を目的に,分娩後出血のシナリオを用いたシミュレーショント レーニングプログラムを開発した。本報告の目的は,シミュレーションプログラムの開発過程とプログラムの概要について示すことである。シミュレーションのシナリオは,①胎盤娩出直後の大量出血に対する初期対応,②膣壁血腫(出血源の検索),③ショック症状のアセスメントと対応,④大量出血に伴う輸血,⑤ DIC を念頭にした対応の5 場面を設定した。プログラムは,助産師経験5 年程度の者を対象とし,目標には分娩後出血にかかわるアセスメントと対応に関する知識およびスキルの向上に加え,チームワークの視点を含めている。今後,プロセス評価の結果からプログラムを洗練させ,有効性の検証を行っていく。
URI: http://hdl.handle.net/10285/12781
Appears in Collections:Vol.1

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2015001-kiyo1-12781.pdf812.57 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback