DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.1 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/12766

タイトル: 大学院ウィメンズヘルス・助産学 国際協働論演習タンザニアへの展開
タイトル別表記: Expansion of the International Cooporation Seminar in Women’s Health and Midwifery, the Graduate Program, to Tanzania
著者: 新福, 洋子
麓, 杏奈
大場, 久美子
川野, 嘉子
新妻, 佑子
岩井, 恵
岡, 美雪
長松, 康子
堀内, 成子
キーワード: 国際協働
大学院教育
助産学
アフリカ
タンザニア
掲載誌: 聖路加国際大学紀要
巻: 1
開始ページ: 46
終了ページ: 51
発行年月日: 2015年3月
出版者: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
抄録: 聖路加国際大学大学院ウィメンズヘルス・助産学専攻では,「国際協働論演習」を2013 年度より,東ア フリカのタンザニア,ムヒンビリ健康科学大学と医療施設での研修に展開し,2014 年度で2 年目となる。10 日間の研修では,タンザニア助産師/学生を対象とした,二人一組でのプレゼンテーションを行い,レポート提出と報告会を行う。研修に参加した大学院生たちは,タンザニア訪問に際し,その国のことを知ることを大切にし,あいさつ等の文化を含めた事前学習を行い,プレゼンテーションや共同研究を通して,相手国のみならず,自国の文化や医療を理解する重要性を学んだ。タンザニアの医療システムと地域格差を学んだことに加え,看護師,助産師がタンザニアの母子保健を変えるという使命感の下に勉強していることも知ることができた。大学院生たちはそれぞれの立場や視野でタンザニアの医療の現状を見つめ,今回の渡航から新しい一歩を踏み出していた。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/12766
出現コレクション:Vol.1

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2015001-kiyo1-12766.pdf855.77 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください