DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学大学院看護学研究科学位論文 >
2-3:博士論文 >
2-3-b:博士論文(要旨あり) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/1273

NII Resource type: Thesis or Dissertation
Title: 地域で生活をする精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動の実態
Other Titles: The Self-Care Behaviors Based on Self-Determination of Schizophrenic Patients Who were Living in the Community.
Authors: 宇佐美, しおり
Author-transcription: ウサミ, シオリ
Advisor: 中山, 洋子
Keywords: セルフケア
地域ケア
精神障害者
自己決定
An investigating method or the measure : セルフケア質問紙
Sheetzのソーシャルサポート質問紙
Issue Date: 10-Mar-1997
Abstract: 研究目的  本研究は、地域で生活をする精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動の実態と関連要因を明らかにすることを目的とした。関連要因としては、文献検討から、対象者の背景、病気に関連した因子、ケアシステムに関連した因子、ソーシャル・ネットワークをとりあげ、自己決定に基づくセルフケア行動を、普遍的セルフケア要素における「目標-目標の選択理由-実施-評価」の一連の「過程」と定義し、デジの自己決定に関する理論を用いてオレム・アンダーウッドモデルを一部修正しこれを本研究の概念枠組みとした。 研究方法  対象者は、九州中西部にある精神保健福祉センター、私立精神病院、公立精神病院のデイケアに通う地域で生活をしている精神分裂病者で、調査に同意が得られた71名であった。調査は、1995年12月~1996年9月の間に、半構成的質問紙を用い、研究者による面接を行なった。分析は、内容の分析及び記述統計によって行なった。 結果  質問紙を用いた面接調査から、次のことが明らかになった。 Ⅰ.地域で生活をする精神分裂病者は、日常生活領域において、自己決定に基づきながらセルフケア行動を行なっていた。そして、 1.自己決定に基づくセルフケア行動における目標及び目標に対する実施においては、「具体的な工夫内容」「自立」「頻度・回数」が存在していた。 2.目標選択の理由として、①限られた状況の中での自分の希望、好みの優先、②身体疾患や薬の副作用、③身体・精神状態の悪化の防止、④自分を自分で守る、⑤家族、スタッフ、友人の助言及び批判、⑥過去の失敗による学習・過去の体験、⑦過去の失敗を克服したいという願望、⑧過去の習慣、⑨経済的理由があげられていた。 3.評価においては、①自分の目標達成における満足度、②自分の満足と他者の満足とのバランス、③身体状態の改善、④精神状態の改善、があげられていた。 4.「具体的な工夫内容」においては、各日常生活領域で食事内容、便秘・排泄に関する不安、TPOにあった身だしなみ、睡眠時及びリラクゼーション、人との会話内容・態度・言葉使いに関する配慮、接触する人の選択、精神的不安定時に相談する相手の選択、症状出現時・症状出現前の対処、浪費の転換・突然の出費時への対処がみられていた。 5.「自立」においては、同居の有無、症状が関連していた。すなわち、単身生活者、イライラをもつ対象者の「自立」は高かったが妄想をもつ者の「自立」は低かった。 6.「頻度・回数」は、各領域において、場所、回数、時間、人との関係、金額の設定に分類できた。今回の研究での新たな結果として、食事領域と性別・同居の有無・強迫症状の有無、個人衛生と性別・同居の有無、症状の種類、休息と症状の種類、活動と性別・就業の有無、症状の種類、孤独と人とのつきあいと性別、同居の有無との間に関連がみられていた。孤独と人のつきあいのみ症状が関連していなかった。 7.「自立」と「頻度・回数」との間において、「自立」している者に、1週間の洗濯回数が有意に多く、1日の睡眠時間が有意に少なく、ウィークデイの一人の時間が有意に長かった。 Ⅱ.自己決定に基づくセルフケア行動は、さらに意識化の強さにより、「自己決定を意識したセルフケア行動」と「意識しないセルフケア行動」に分けられた。この意識化を、対象者の選択する領域で表わし、領域理由を比較した。その結果、 1.「自己決定を意識したセルフケア行動」と「意識しないセルフケア行動」には対象者による特徴が関連し、特に年令と症状で差がみられていた。 2.「自己決定を意識したセルフケア行動」には8種類の領域が選択されていた。すなわち、食事、活動と休息、活動と休息+服薬、孤独と人とのつきあい、孤独と人とのつきあい+服薬、症状管理+服薬、活動と休息+孤独と人とのつきあい、だった。排泄、個人衛生、金銭の管理を選択した者はいなかった。 3.食事領域の選択には、強迫症状をもつ者が多く、服薬領域の選択には、幻聴をもつ者が多く、活動と休息領域の選択には、落ち込みのある者が多かった。 4.服薬領域の選択には、病気とのつきあい期間が長い者が多く、症状管理領域の選択には、病気とのつきあい期間が短いものが多かった。 5.服薬領域の選択者は、自己決定に基づくセルフケア行動の「自立」の程度は全体の平均とかわらなかったが、症状管理領域の選択者の「自立」は高かった。すなわち、症状管理を選択した者は、日常生活領域における「自立」を高くすることで、症状を調整しようとしていた。 6.「自己決定を意識したセルフケア行動」において、領域の選択理由として「症状による苦痛の軽減」「社会の一員としての棲み方」「生活の中の楽しみ」が中心的に語られていた。 7.「自己決定を意識しない」対象者たちは、自己決定に基づくセルフケア行動は存在したが、特に意識して生活している領域をもたなかった。そして、この対象者たちは、病気とのつきあい期間が長く、家族と同居しており、ソーシャル・ネットワークが家族に限られていて専門家を含まず、自己決定に基づくセルフケア行動の「自立」は最も低かった。 考察と結論 1.地域で生活する精神分裂病者は、日常生活領域において、自己決定に基づくセルフケア行動を行なっており、これはデシの「人間は誰しもが自己決定できる存在である」という前提と一致していた。 2.地域で生活をする精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動は「具体的な工夫内容」「自立」「頻度・回数」に分類でき、これはオレム・アンダーウッドの定義する「セルフケア」をより具体化して示していた。 3.地域で生活する精神分裂病者は、自己決定に基づくセルフケア行動を行なうことで各症状をコントロールしようとしていた。 4.地域で生活する精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動には、さらに強く意識される領域が存在し、これを「自己決定を意識した・意識しないセルフケア行動」と呼ぶことができた。「自己決定を意識した・意識しないセルフケア行動」には、年令及び症状が関連し、病気とどれだけつきあっているか、またどのような症状をもつかは、分裂病者の日常生活のパターンを異なったものにしていた。 5.地域で長く生活している精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動の「自立」は高いとはいえなかったが、発病してから間もなく、また、地域での生活期間が短い精神分裂病者は、「自立」を高くすることで、「症状」をコントロールしようとしていた。 5.さらに、「自己決定を意識したセルフケア行動」には、8種類の領域が選択されていたが、この領域の選択理由には、人としての「生活の質」という側面だけでなく、「存在の質」が関連していると考えられた。 6.「自己決定を意識している日常生活領域がある」ということは人間に生きるエネルギーを補給するのではないかと考えられた。 7.これらの結果から、地域で生活をする精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動を考える場合、本研究の概念枠組みに「症状」が加えられ、さらに人間としての「生活の質」「存在の質」及び人間の生きるエネルギーという視点をいれる必要性があることが示唆された。
Abstract-Alternative: The purpose of this study was to describe the self-care behaviors based on self-determination and related factors among schizophrenic patients who were living in the community.Factors considered in this study,were characteristics,illness,care system,and social network. The self-care behaviors based on self-determination were defined as aseries of steps -1)selection of a goal,2)identification of reasons for the selsction of the goal,3)practice of the real behaivor,and 4)evaluation of the behaivor-in the universal self-care requisites. The conceptual framework of this study was the Orem-Underwood model partially modified using Deci's theory of self-determination. Participants in the study included 71 schizophrenics who lived in the community and go to the daycare programs of the community mental health welfare center,private psychiatric hospital,and prefectural psychiatric hospital in Kyushu.All participants provided their consent to cooperate with this study. The data were collected through interviews using a semi-structured questionnaire. The interviews took place from December,1995,to September,1996. The data were analyzed by content analysis and descriptive statistics. The results were as follows: I.Those Schizophrenics,who lived in a community,could maintain self-care behaviors based on self-determination in activities of daily living. 1.Among schizophrenic patients who were living in the community,there were 3 kinds of self-care behaviors that were based on self-determination-"concrete device"behaviors,"independent"behaviors,and "frequency"behaviors. 2.Reasons identified for selection of goals were:1)clarifications of life expectations and preferences of activities in a limited situation,2)identification of symptoms and side effects of medicine,3)prevention of relapse,4)protection of themselves,5)avoidance of others' criticism,6)acceptance of past experiences,7)hope of overcoming past experiences,8)understanding of the origin of behaviors,and9)economic reasons. 3.Evaluative indicators included,1)improvement of the physical condition,2)improvement of the mental condition,3)self-satisfaction in achievement,and 4)balance between their own and others'satisfaction. 4."Concrete device"self-care behaviors based on self-determination included consideration of meals and elimination,arrangement of clothes,relaxation,comunication methods,selsction of persons to talk with,symptom management,and money management. 5."Independent"self-care behaviors based on self-determination,were related to living conditions and symptoms. Schizophrenic patients who lived by themselves and who had symptoms of irritation had high self-care behaviors. 6."Freqencey"self-care behaviors based on self-determination,were related to place,time,relationship and money. Eating patterns were founded to e related to gender,living conditions, and obsessive-compulsive symptoms.Personal hygiene activities were also related to gender,hallucination symptoms, and living conditions. Activity and rest were related to gender,occupation, and symptoms. Solitude and social interaction were related to gender and living conditions. It was founded that solitude and social interaction was not related to symptoms. 7.Schizophrenic patients who had high self-care behaviors demonstrated high statistical significance in behaviors such as the frequent washing of clothes,few sleeping hours,and many hours of being alone. II.The self-care behaviors based on self-determination were divided,according to the extent of awareness,into "self-care behaviors based on aware self-determination" and "self-care behaviors based on unaware self-determination." This awareness was represented by the areas chosen as self-determined. The results were the following; 1.The"self-care behaviors based on aware self-determination" and the "self-care behaviors based on unaware self-determination"were distinguished by age and symptoms of their population. 2.Eight areas were chosen. No one chose elimination,personal hygiene,or money management. 3.Many of those who chose foods had compulsive behaviors,and many of those who chose medication had hallucinations. Many of those who chose activities and rest experienced depressive mood. 4.Many of chose medication had coped with the illness for a long period of time,and many of these who chose symptoms had coped with the illness for a short period of time. 5.As for the "self-care behaviors based on aware self-determination",the reasons for the choice of this areas were focused on "reduction of suffering from symptoms,"the way of living in a community",and "pleasure in daily life." 6.Those who self-care behaviors were based on "unaware self-determination" had coped with their illness for a long time,lived with their families,had small social network of family,and had lowest"independent" self-care behaviors. These results showed that self-care behaviors based on self-determination among schizophrenic patients who were living in the community should be thought through "symptoms","quality of life","quality of being",and "energy for live".
Official announcement place: 宇佐美しおり. 地域生活をする精神分裂病者の自己決定に基づくセルフケア行動の実態. 看護研究. 31(3):25-38.(1998)
Shiori Usami. Community tenure and self-care behaviors based on self-determination among schizophrenia who were living in the community. 3rd. International Nursing Research Conference(Tokyo). p.140
Description: 聖路加看護大学大学院看護学研究科博士後期課程
Degree field : 博士(看護学)
URI: http://hdl.handle.net/10285/1273
Appears in Collections:2-3-b:博士論文(要旨あり)

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback