DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11722

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 大学院修士課程特別講義「チームビルディング」(2011年度〜2013年度文部科学省大学改革推進等補助金 専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業)の総括評価
著者: 亀井, 智子
飯岡, 由紀子
片岡, 弥恵子
宇都宮, 明美
山田, 雅子
萱間, 真美
菱沼, 典子
キーワード: 修士課程
チームビルディング
総括評価
プログラム評価
チャレンジプログラム
master course program
team-building
summative evaluation
program evaluation
challenge program
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 9
終了ページ: 18
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 2011 年度~ 2013 年度文部科学省大学改革推進等補助金「専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業」 により,研究科委員会にチームビルディング推進委員会を設置して,チームビルディング力育成プログラムを推進した。特別講義「チームビルディング」の開講,実習ネットワーク会議の立ち上げ,公開セミナーによる成果公開を行い,3 年間の総括評価を行った。 その結果,1)本科目の履修者は計48 名で,看護学専攻,ウィメンズヘルス・助産学専攻両者の履修者であった。2)講義(PCC,チームの理論等),演習(ミシガン大学チャレンジプログラムを取り入れたチームアプローチ合宿セミナー),見学実習(モデルチーム医療見学)で構成する本科目の運営方法は,チームビルディング力を短期間で向上させる上で大変有効であった。3)臨床教員は本科目へ肯定的評価を行う者が多く,また,公開セミナー参加者の満足度は高かった。今後の課題には合宿によらない本プログラムと同等のプログラム作り,およびチームによる事例検討法の改善が挙げられた。以上から,本事業は目的を達成できたと評価できた。
抄録別表記: We set the committee on team building program in the master course of graduate school and promoted the training program for team building. We adopted the grant-in-aid for university reform program regarding the “health care expert training project”(Ex. CNS and Pharmacist)supported by the ministry of education,culture, sports, science and technology for this program during 2011 through 2013. This program included preparing and opening the special lecture “Team-Building” , holding practicum network conferences, and having an open seminar to show the program results. We also held a summative evaluation. The evaluation shows that 1)A total of 48 master’s students of Nursing Science and Women’s Health and Midwifery took this course. 2)The structure and management method of this course ; the lectures(PCC,team logic, etc.), training(the lodging style team approach seminar with the University of Michigan’s challenge program), and the shadowing practicum(practice within the team healthcare model)was effective to increase the team-building ability in the short term. 3)There are positive assessments by most of the clinical faculty and high rates of satisfaction by the participants of the open seminar for team building. Future issues regard the making of a new program without the lodging style, and the improvement of the case studies methods. Overall, we assess this program reached our goals.
参考文献: 文部科学省「専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業」.(2011). http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/iryoujinzai/index.htm [Retrieved 2013. 9. 26]
聖路加看護大学大学院チームビルディング力育成プログラム(2011). http://www.slcn.ac.jp/graduate/master/teambuilding.html[Retrieved 2013. 9. 26]
Kolb, D.A.(1984). Experiental learning: experience as the source of learning and development, Prentice Hall, Inc., Englewood Cliffs, NJ.
ミシガン大学チャレンジプログラム.(2013). http://www.recsports.umich.edu/challenge/ [Retrieved 2013. 9. 26]
亀井智子, 飯岡由紀子, 片岡弥恵子, 宇都宮明美, 山田雅子, 萱間真美, 菱沼典子. (2013). 修士課程「チームビルディング力育成合宿セミナー」プログラムに参加した上級実践コース履修者のチームビルディング意識の変化とプログラム評価聖路加看護大学紀要, No.39, 36 - 46.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11722
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014009_kiyo40_11722.pdf815.62 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください