DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11719

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: タンザニア,ムヒンビリ健康科学大学での国際協同論演習から考察する“看護”の理論構築の重要性
著者: 新福, 洋子
キーワード: 国際協働
理論
理論構築
看護リーダーシップ
アフリカ
global collaboration
theory
theory construction
nursing leadership
Africa
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 35
終了ページ: 41
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 2013 年度,聖路加看護大学の国際協働論演習のフィールドにタンザニアが加わった。現在ムヒンビリ健康科学大学との協働事業が進行中であり,その経験から看護の理論構築の重要性を実感している。アフリカの人々の特徴として,共同体主義と口頭伝承が挙げられるが,反面物事を変革していくことには時間がかかり,特に外国人としての関わりは,植民地経験を持つ国への配慮,ポストコロニアル理論に基づく考察が必要となる。タンザニアは依然として母子保健指標の改善が遅れており,学術的な看護/助産の発展が遅れている。タンザニアで行った「人間的な出産」セミナーにおいては,貧しく苦しむ者に寄り添う日本の看護との共通性を発見し,教育によってタンザニアにおける看護の理論構築の可能性を実感した。また,実践においてもセミナーの学びを一つずつ実現しており,看護の自律的な変革が始まろうとしている。聖路加看護大学と共に立ち上げるムヒンビリ大学の助産学修士課程では,社会に「看護のレンズ」を共有して概念的な議論をし,変革していくことのできるリーダーを育成していく。
抄録別表記: In the academic year of 2013, St. Luke’s College of Nursing expanded the field of“ International Cooperation: Midwifery and Maternal Child Health Seminar” to Tanzania. Currently, the collaborative project with the Muhimbili University of Health and Allied Sciences(MUHAS)is ongoing, and through the experience, the importance of theory construction is identified. In Africa, people live in communitarianism and oral traditions; however, it takes quite a long time to make a change. Especially, a foreigner is required special consideration for African colonial experiences, for which postcolonial theory can provide the framework. In Tanzania, improvement of maternal child health and academic development of nursing and midwifery progress slowly. To boost the progress, St. Luke’s faculty and students held the seminar of “Humanized Childbirth” in Tanzania, and commonality of nursing between Tanzania and Japan is found : Nurses advocate for people suffering from poverty and illness. From the seminar discussion, it is suggested that education can enhance nurses’ability of theory construction. In addition, it is witnessed that Tanzanian midwives implemented what they had learned in the seminar in everyday practice, which indicates the beginning of autonomous change in nursing profession. The new Midwifery Master’s program in MUHAS, which is the goal of our current collaboration, can be the focal point of nursing theoretical construction and explain “nursing lens” to the society of Tanzania. Our collaborative project will develop nursing leaders who start changes and innovation for people of their society.
参考文献: ルギラ, A.M. & 嶋田義仁.(2004). シリーズ世界の宗教: アフリカの宗教. 青土社.
Meleis, A. I. (2011). Theoretical Nursing: Development and Progress(5th ed.). Lippincott Williams & Wilkins.
Lovett, W., & Gidman, J.(2011). Reflecting on the learning experiences of student nurses in rural uganda. British Journal of Community Nursing, 16(4),191 - 195.
National Bureau of Statistics(NBS)[Tanzania] and ICF Macro.(2011). Tanzania Demographic and Health Survey 2010.
Dunlap, R. K.(2013). Nursing theory and the clinical gaze: Discovery in teaching theory across a cultural divide. Nursing Science Quarterly,26(2), 176 - 180.
Bultemeier, K. I.(2012). Nursing in malawi: Nursing theory in the movement to professionalize nursing. Nursing Science Quarterly, 25(2), 184 - 186.
Florczak, K. L.(2011). Angst for nursing theory. Nursing Science Quarterly, 24(4), 311.
橋爪大三郎.( 2013). 世界は宗教で動いてる. 光文社.
鴇田正春. (2011). 今こそ, 東洋の知恵に学ぶ. メトロポリタンプレス.
徳田哲. (2011). 1840-50 年代におけるナイチンゲールの看護哲学と近代看護の形成, 日本赤十字九州国際看護大学紀要, 10.
Misago, C., Umenai, T., Onuki, D., Haneda, K., & Wagner, M.(1999). Humanised maternity care. Lancet, 354(9187), 1391 - 1392.
クリステンセン, ダイアー, グレガーセン. (2012).イノベーションのDNA. 櫻井祐子訳. 翔泳社.
McIntyre, M., & McDonald, C. (2013).Contemplating the fit and utility of nursing theory and nursing scholarship informed by the social sciences and humanities. ANS.Advances in Nursing Science, 36(1), 10 - 17.
ルーンバ, A.(2001).ポストコロニアル理論入門. 松柏社.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11719
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014012-kiyo40-11719.pdf541.12 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください