DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11717

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 分娩後出血対応に関する助産師継続教育プログラムの開発 −eラーニングによる学習プログラムの作成−
著者: 加藤, 千穂
片岡, 弥恵子
五十嵐, ゆかり
蛭田, 明子
江藤, 宏美
キーワード: Postpartum hemorrhage
e-learning
midwife
continuing education
分娩後出血
イーラーニング
助産師
継続教育
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 49
終了ページ: 53
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録別表記: Postpartum hemorrhage(PPH)is a major cause of maternal mortality worldwide. Proper management of obstetrics emergencies is therefore critical in saving lives. Midwives in particular must be able to manage PPH events quickly and effectively, and yet opportunities to learn about obstetric emergencies are rare. Here we report on develop an e-learning program about PPH. Chapter 1 of the program covers the physiology of postpartum hemorrhage. Chapter 2 covers the assessment of constitutional symptoms, and cause and risk factors for PPH, Chapter 3 covers procedures for managing PPH. Chapter 4 includes role plays. As a second phase we swill evaluate the e-learning program and develop an educational simulation program for postpartum hemorrhage.
参考文献: 母子衛生研究会.(2013). 母子保健の主なる統計 .
妊産婦死亡検討評価委員会, 日本産婦人科医会医療安全部会. 平成22-24 年妊産婦死亡症例検討実施83事例のまとめ~母体安全への提言~ . 公益社団法人日本産婦人科医会.http://www.jaog.or.jp/all/document/67_130710.pdf.[2013 . 08 . 23]
American College of Obstetricians and Gynecologists.(2006). Postpartum hemorrhage British Columbia Section. American Congress of Obstetricians and Gynecologists. http://www.acog.org/̃/media/Districts/District%20VIII%20Junior%20Fellows/jfpph. pdf?dmc=1&ts=20131019T0200385905. [2013 . 10 . 19]
村上明美, 荒井英恵, 有森直子他.( 2013). 安全対策委員会報告平成23 年度安全管理評価と分娩件数/ 転院件数の調査結果報告. 助産師, 67(1). 71 - 74.
東京都周産期医療協議会. 東京都母体救命搬送システムによる搬送事案(分析結果). 東京都福祉保健局. http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kyuukyuu/syusankiiryo/syusanki_kyogikai/22kyougikai1.files/shiryou10.pdf. [2013 . 08 . 23]
日本産婦人科医会他(2010). 産科危機的出血へのガイドライン. 一般社団法人日本周産期・新生児医学会. http://www.jspnm.com/topics/data/topics100414.pdf.[2013 . 08 . 23]
妊産婦死亡症例検討評価委員会. 母体安全への提言2011 Vol.2. 公益社団法人日本産婦人科医会. http://www.jaog.or.jp/all/document/botai_2011.pdf.[2013 . 08 . 23]
大久保暢子, 大迫哲也, 平林優子他.(2004). わが国におけるe-learning 実施大学の現状- Web および文献検討からの分析-. 聖路加看護大学紀要,(30), 81 - 93.
豊増佳子, 中山和弘. (2004). e-learning を実施している米国の看護系大学院の実態調査- Web 調査によるアプローチから-. 聖路加看護大学紀要,(30), 104 -114.
Horiuchi S, yajyu Y, koyo M. et al. (2009). Evaluation of a web-based graduate continuing nursing education program in Japan: A randomized controlled trial. Nurse Educ.Today, 29(2), 140 - 149.
Du S, Liu Z, Liu S, et al.(2013). Web-based distance learning for nurse education: a systematic review. Int.Nurs.Rev. 60(2), 167 - 177.
Jui-Ying F, Yi-Ting C, Hsin-Yi C, et al.(2013). Systematic review of effectiveness of situated e-learning on medical and nursing education. Worldviews Evid Based Nurs , 10(3), 174 - 183.
竹田省編.(2010). 産科救急ハンドブック-「産科危機的出血への対応ガイドライン」に基づく管理法-. 総合医学社.
F. Gary Cunningham, et al.(2010). Williams obstetrics 23th. New York: McGraw-Hill Medical.
William F. Ganong, 井上真澄他訳.(2011). ギャノング生理学23 版. 東京: 丸善.
田中幹二, 福山麻美, 山本善光他. (2008). 分娩時出血の初期対応(止める, 入れる, 送る)について. 青森臨床産婦人科医会誌, 23(2), 8 - 15.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11717
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014014-kiyo40-11717.pdf428.66 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください