DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11716

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 米国ハワイ州におけるPalliative care, Hospice care, Bereavement care の特徴
著者: 小野, 若菜子
キーワード: 緩和ケア
ホスピスケア
死別ケア
グリーフケア
ハワイ
Palliative care
Hospice care
Bereavement care
Grief care
Hawaii
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 54
終了ページ: 59
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 米国ハワイ州において,Palliative care, Hospice care,Bereavement care の情報を収集し,看護実践への示唆を得ることを目的に短期研修を行った。ハワイ州では,Palliative care, Hospice care は,終末期にあるすべての疾患の患者とその家族を対象とし,多職種チームでの活動や連携が重要視されていた。また,Physician Orders for Life-Sustaining Treatment(POLST)という,終末期における心肺蘇生や治療,延命処置に対する事前指示書が使用され,患者・家族へのコンサルテーションが積極的に行われていた。さらに,グリーフケアを提供する40 ほどのサポートグループ,団体,クリニック,ホスピスが,Bereavement Network と呼ばれるネットワークをつくって連携していた。今後,日本においても,終末期のコンサルテーションやグリーフケアを促進することが重要であろう。
抄録別表記: The following is about my short-term study-tour in Hawaii, that I took in order to gain a deeper understanding about the nursing practice associated with palliative care, hospice care and bereavement care. The ideal objective of palliative care and hospice care in Hawaii is to include all patients having terminal diseases and their families. Professionals in the palliative and hospice field find it important to offer care using an egalitarian interdisciplinary group. Their care is made more effective if patients and their families have completed the Physician Orders for Life-Sustaining Treatment(POLST). The POLST allows patients and families to self-determine the type of care they will receive when they become terminal patients and if they want resuscitation or prefer to die a natural death. Terminal patients and their families consult with nurses about self-determination for life-sustaining treatment. Furthermore, a total of about forty support groups, organizations, medical clinics and hospices have worked in cooperation with each other as a Bereavement Network. Considering this, it would be important to promote consultation on terminal care and to also spread bereavement care in Japan.
参考文献: 小野若菜子. (2011). 家族介護者に対して訪問看護師が行うグリーフケアとアウトカムの構成概念の検討.日本看護科学会誌, 31(1), 25 - 35.
小野若菜子. (2011). 訪問看護ステーションにおける家族介護者へのグリーフケアの実施に関する全国調査.日本在宅ケア学会誌, 14(2), 58 - 65.
Kokua Mau ホームページ. http://www.kokuamau.org/[ 検索日:2013. 10. 24]
Bereavement network of hawaii ,Bereavement support list(April 2013). St. Francis Health Care System of Hawaii ホームページ. http://www.stfrancishawaii.org/wp-content/uploads/2013/04/bereavement-network-handout.pdf [検索日:2013. 9. 26]
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11716
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014015-kiyo40-11716.pdf415.16 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください