DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11713

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 新しい教育方法の導入Ⅱ -「周産期看護学(基礎)」におけるTeam-based learning -
タイトル別表記: Teaching Maternal-Newborn Nursing(Basic) Using the Team-Based Learning Method: An Innovative Approach Ⅱ
著者: 飯田, 真理子
五十嵐, ゆかり
新福, 洋子
キーワード: チーム基盤型学習
教育方法
周産期看護学
Team-based learning(TBL)
educational method
perinatal nursing
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 71
終了ページ: 74
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 聖路加看護大学のウィメンズヘルス・助産学領域では,2013 年度の新カリキュラムの導入を契機に,Teambasedlearning(以下TBL とする)を新しい教授方法として取り入れた。本稿では,周産期看護学(基礎)において学部2 年生に実施したTBL の実際とそれをもとに今後のTBL を実施する上での課題を考察したのでここに報告する。 TBL は,学生が個人で行う事前準備と教室で実際にTBL を受ける2 段階からなる。学生の事前準備としては,予習資料をもとにした自己学習があり,実際のTBL には,個人テスト,チームテスト,アピール,応用演習問題が含まれる。われわれ独自の方法として,臨床でよく見られる助産師と褥婦のやりとりを劇で再現し,それを応用演習問題に取り入れたことが挙げられる。 TBL を受けた学生の反応はおおむね良好であった。限られた授業時間内で学生に学んでほしい知識を提示するには,RAT の内容を精選し,実習との結びつきを評価していく必要があると考える。
抄録別表記: This paper describes our experience of introducing Team-based learning(TBL)into an undergraduate nursing course at St. Luke’s College of Nursing to teach Maternal-Newborn Nursing(Basic)and to identify strategies to improve their learning. TBL consists of three-steps : preparation, readiness assurance, and application-focused activity. First, before students came to class, they were provided with handouts beforehand to be prepared for an individualreassurance test(IRAT). Next at class, they took the IRAT, followed by the team-reassurance test(TRAT). After being tested their basic knowledge, they had time to appeal. The last part was where they worked as a team to solve an application-focused activity. To show students the real situation at the hospital, faculty members played a role as a midwife and a mother who gave birth. This was an original idea of ours and students watched carefully to gather information to solve the clinical problem. After class, most of the students found that TBL was exciting. In order to make the TBL more effective, we need to carefully look over the RAT items and evaluate how TBL was connected to the practicum.
参考文献: 新福洋子, 五十嵐ゆかり, 飯田真理子 (2013). TBL を用いて周産期看護学(実践方法)を学んだ学生の認識. 聖路加看護大学紀要, 40, 聖路加看護大学.
五十嵐ゆかり, 飯田真理子, 新福洋子 (2013). 新しい教育方法の導入Ⅰ-「周産期看護学(基礎)」におけるTeam - based learning - . 聖路加看護大学紀要, 40, 聖路加看護大学.
三木洋一郎, 瀬尾宏美(2011). -医学教育トピックス- 新しい医学教育技法「チーム基盤型学習(TBL)」. 日医大医会誌, 7(1), 20 - 23.
Larry K. Michaeles & Michael Sweet(2009). 第3章 効果的なチーム課題の作成, In L. K. Michaelsen, D. X. Parmelee, K. K. McMahon & R. E. Levine(Eds.), TBL -医療人を育てるチーム基盤方学習:成果を上げるグループ学習の活用法(瀬尾 Trans.).(1st ed., pp.30-49). 東京: シナジー.
John W. Pelley & Kathryn K. McMahon(2009). 第8章 ファシリテーターの技法, In L. K. Michaelsen, D. X. Parmelee, K. K. McMahon & R. E. Levine(Eds.), TBL -医療人を育てるチーム基盤方学習:成果を上げるグループ学習の活用法(瀬尾 Trans.).(1st ed., pp.80 - 83). 東京: シナジー.
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11713
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014018-kiyo40-11713.pdf366.67 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください