DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11712

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 新しい教育方法の導入Ⅲ -「周産期看護学(実践方法)」におけるTeam-based learning -
タイトル別表記: Teaching Maternal-Newborn Nursing(Practical Method) Using the Team-Based Learning Method: An Innovative Approach Ⅲ
著者: 五十嵐, ゆかり
新福, 洋子
飯田, 真理子
キーワード: チーム基盤型学習
教育方法
周産期看護学
Team-based learning(TBL)
educational method
perinatal nursing
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 75
終了ページ: 79
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 2013 年4 月~「周産期看護学(実践方法)」(2 単位)の教育方法としてTeam-based learning(以下TBL と略す)を導入した。導入までの準備では,2012 年に行った「周産期看護学(基礎)」でのTBL 展開の学びを生かし,ユニット構成では劇(TBL シアター),教育展開案の作成,看護過程の展開などを盛り込み,学生の集中力を維持できるように毎回同じではない構成にした。TBL の実際では,初回の科目ガイダンスやピア評価の説明を詳細に行い,TBL 演習の中ではフィードバックを重要視して学生とのインタラクションを大切にした。またTBL 終了後は教員の振り返りのミーティングを重ね,写真撮影,ポイント制の導入,ミニレクチャーなどを追加し,学生の声を大切にしながらTBL 展開の改善に努めた。TBL を実践してみてわかったことや感じたことは,やはり「準備」の重要性である。詳細で綿密で入念な準備が教員の気持ちにゆとりをもたらし,TBL を楽しめる余裕が生まれる。教材開発やユニット構成においても,教員も学生と共に楽しめる教授方法にしていきたいと思う。
抄録別表記: Team-based learning(TBL)was into the maternal-newborn coursework, of perinatal nursing(practical method)(required subject, 2 units)beginning in April 2013. We reflected on our TBL experiences from 2012 for developing the TBL session beginning in 2013. We altered the structure of the unit for TBL so that it was not same each time, such as TBL theater(faculties played a clinical situation), activities of making mother and baby’s’ educational plan, and practice of developing the nursing process. These were involved for each unit using TBL to maintain student’s motivation. In the actual TBL session, subject guidance and peer evaluation were explained in detail and facilitator and students’ interactions were focused on through a feedback process. After the TBL session, the reflection meeting surfaced the following ideas of : taking the excellent team’s photos, using a point system for discussion, and mini-lectures to be used to develop TBL. It was clear that the most important point in TBL is preparation. Detailed, careful and in-depth preparation creates an emotional capacity and comfortable feeling for facilitators. TBL should be developed for both facilitator and student because it enhances learning enjoyment and therefore learning increases.
参考文献: Michelsen, L. K. & Sweet, M. (2009a). 第2 章 チーム基盤型楽手の基本原則と実践, In L. K. Michaelsen, D. X. Parmelee, K. K. McMahon & R. E. Levine(Eds.),TBL -医療人を育てるチーム基盤方学習:成果を上げるグループ学習の活用法(瀬尾 Trans.). (1st ed., pp.9 - 29). 東京: シナジー.
Michelsen, L. K. & Sweet, M.(2009b). 第3 章 効果的なチーム課題の作成, In L. K. Michaelsen, D. X. Parmelee, K. K. McMahon & R. E. Levine(Eds.),TBL -医療人を育てるチーム基盤方学習:成果を上げるグループ学習の活用法(瀬尾 Trans.). (1st ed., pp.30 - 49). 東京: シナジー.
Levien, R.E.(2009). 第9 章 チーム基盤学習におけるピア評価, In L. K. Michaelsen, D. X. Parmelee, K. K. McMahon & R. E. Levine(Eds.), TBL -医療人を育てるチーム基盤方学習:成果を上げるグループ学習の活用法(瀬尾 Trans.).( 1st ed., pp. 84 - 95). 東京: シナジー.
瀬尾宏美.( 2012). 医療人を育てる新たな学習法~チーム基盤型学習(TBL), 日本歯科医学教育学冊子, 28(3), 12.
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11712
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014019-kiyo40-11712.pdf415.86 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください