DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11709

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 東日本大震災における女性支援活動から見えてきたこと
タイトル別表記: Understanding Points for Reconstruction Support through Women Support Project in the Great East Japan Earthquake
著者: 五十嵐, ゆかり
加藤, 千穂
篠原, 枝里子
中山, 大輔
星野, 桃子
荻原, 直子
キーワード: 東日本大震災
女性支援活動
支援者
復興支援
Great East Japan Earthquake
women support project
aid workers
reconstruction support
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 90
終了ページ: 93
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 東日本大震災によって市の中枢部に大被害をうけ,保健活動が停止してしまった岩手県陸前高田市において,2011 年4 月~ 2012 年2 月まで女性を対象とした支援活動を行った。避難所や仮設住宅で「オンナのなっても袋」の配布とともに健康相談,アロママッサージ,運動,思春期の児童へのプロテクションを含む性教育のパンフレット「おんなのコのみんなへ」や初潮を迎えるために必要な「ガールズセットの配布」,尿失禁に対するパンフレット「女性の皆さんへ 尿トラブルで困っていませんか 」の作成と運動の実施などを行う活動を展開した。また,この活動を通じて見えてきた支援者としての心構えは,繊細であること,迅速であること,謙虚であること,協働できること,自らの心が健康であること,であった。継続的な支援活動を行うためには,支援者のローテーションを維持したり,さまざまな職種の人々と一緒にチームの体制を整えていく必要があることを再確認した。現在は後方支援となったが,まだまだ復興過程にある被災地に今後も支援活動を継続していきたい。
抄録別表記: We offered support for women in the stricken disaster area of Rikuzentakata-shi, Iwate, where the healthcare system was destroyed by the Great East Japan Earthquake. Our efforts started April 1, 2011 and continued until February, 2012. In shelters and temporary houses, we provided women’s supplies named onnano-nattemo-fukuro(a bag for women), consulting, aroma message and exercise. For girls, a pamphlet named onnanoko-no-minna-e(for every girl)was provided which explained about the first menstrual period and how to properly manage it. This pamphlet was particularly for girls who had lost their mothers. For elderly women, a pamphlets called nyoutoraburu-de-komatteimasenka(Do you have any trouble with incontinent?)was provided. Through this women support project, we noted that aid workers needed an attitude of sensitivity, a sense of humility, interpersonal cooperation skills and the capacity to maintain a positive outlook in order to support people in the stricken disaster area. It was reconfirmed that aid workers need shift rotations and to have the aid agency prepare a system for working with multi-workers to provide for their continuous support. Although our project is finished, the stricken disaster area is still in the reconstruction process and the human suffering continues, hence we hope to continue to offer support.
参考文献: 佐々木亮平 .( 2011a). 東日本大震災レポート 陸前高田市の今. 地域保健, 2011 年6 月号. 63 - 69.
佐々木亮平(2011b). 東日本大震災レポート「復旧」ではなく「復興」へ. 地域保健, 2011 年9 月号. 54 - 61
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11709
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014022-kiyo40-11709.pdf417.74 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください