DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11708

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 2012 年度聖路加・テルモ共同研究事業「新健康カレッジ」の活動報告 -「聖路加市民アカデミー」と「カレッジセミナー」-
タイトル別表記: Current Status of The Joint Research Project :“ New Health College in FY2012”; by St. Luke’s College of Nursing and TERUMO Corporation -“ St. Luke’s Academic Seminar for the Community” and“ College Seminar” -
著者: 高橋, 恵子
牛山, 真佐子
山田, 雅子
キーワード: 産学共同プロジェクト
市民健康講座
健康支援活動
健康情報
生涯教育
consortium between industry and the academy
public lecture regarding health
activity for self-awareness about health
health information
lifelong learning
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 94
終了ページ: 98
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 2007 年12 月から,企業との連携による産学共同プロジェクトとして,「聖路加・テルモ共同研究事業」が始まった。2012 年度も,聖路加・テルモ共同研究事業の一環として「新健康カレッジ」と称した一般市民向けの健康支援活動として『聖路加市民アカデミー』と『カレッジセミナー』を開催した。聖路加市民アカデミーでは,「自分らしく生きるための心の準備」と題した講演会を開催し,344 名の参加者が集まった。カレッジセミナーでは,「もっと知ろう 自分のからだ」と題した生活習慣病の予防を主にした健康講座(全4 回のシリーズ)を開催し,延べ164 名が参加した。 参加者のアンケート結果から,参加者の年代は7 割以上が60 代以上であり,女性が8 割以上を占めていた。また,参加者のコメントから,本事業が新たな知識を得る機会,新たな健康行動への芽生え,さらに生きる意欲を持たせる場を提供し,市民の主体的な健康生成の向上に寄与していることが示された。
抄録別表記: The consortium between St. Luke’s College of Nursing and TERUMO Corporation was launched in December 2007 as one of the joint research projects between an academic organization and a private company. Using this model our project(New Health College)began in FY2012 in order for the local citizens to improve their own health. The project has two sub-projects :(1)“St. Luke’s Academic Seminar for the Citizens” and(2)“College Seminar”. A lecture called “A mental preparedness for living on one’s own”was held in FY2012 related to the former sub-project, in which 344 citizens participated. The latter subproject had 164 participants participating in the four-part series:“ Know Your Body”. Seventy percent of the participants were over 60 years old. The ratio of men to women was 2 : 8. Based on the evaluation questionnaires, these projects contributed to strengthening citizens’ self-awareness for their own health. Positive feedback such as :“ I gained lot’s of new health information”,“ I could refresh my self-understanding for my health” and“ I gained one’s will to live”indicated the projects’ positive effects.
参考文献: 小口江美子, 小泉麗, 山田雅子.( 2010). 産学共同「聖路加・テルモ新健康カレッジ」セミナー実施状況と参加市民の健康意識について. 聖路加看護大学紀要, 36, 67 - 73.
小口江美子, 小泉麗, 山田雅子. (2011). 2010 年度聖路加市民アカデミー「音と香りのハーモニー」実施状況と参加者の感想. 聖路加看護大学紀要, 37, 31 - 35.
高橋恵子, 牛山真佐子, 山田雅子(2012). 2011 年度聖路加・テルモ共同研究事業「新健康カレッジ」の活動報告-「聖路加市民アカデミー」と「カレッジセミナー」の実施状況と参加者評価, 聖路加看護大学紀要,39, 81 - 86.
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11708
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014023-kiyo40-11708.pdf407.78 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください