DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11707

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 看護管理者のための問題解決法学習プログラムの試行 -教科目連携演習「事例で学ぶ問題解決」-
タイトル別表記: Trial of the Problem-Solving Skills Training Program for Nursing Administrators
著者: 吉田, 千文
倉岡, 有美子
高井, 今日子
松本, 直子
山田, 雅子
井部, 俊子
キーワード: 認定看護管理者教育
継続教育
問題解決法
認知的コンピテンシー
Certified Nurse Administrator First Level Training
continuing education
problem solving training
cognitive competency
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 99
終了ページ: 104
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 看護管理者には,複雑な看護現場の問題を解決する力が必要であるが,効果的な教育方法に関する先行文献はあまりない。本論文の目的は,本学における2013 年度認定看護管理者ファーストレベル講習で試行した問題解決力の向上のための学習プログラムを記述し課題を検討することである。このプログラムは関連する科目の講師が協働し,5 コマ(15 時間)の連携演習として行われた。受講者89 名は,1 つの実録映像事例を視聴し,短い講義の後,その事例の看護管理者の立場で問題の明確化,問題の構造化,解決策の検討,及び文献・情報検索に取り組んだ。第1 回~第4 回はチーム学習,最終回はクロスグループ形式による発表と全体討論であった。また独自に開発した問題解決思考をガイドするワークシートを用いた。討議,発表,ポスターから,学習の進行に伴い,受講者の問題解決過程の思考レベルが高まっていることがうかがえた。しかし,そのレベルは十分でなく看護管理者の問題解決法学習における問題の把握と,学習者中心の教育方法への改善の必要性が示唆された。
抄録別表記: Nurse managers must possess problem-solving abilities so that they can deal with the complex situations that arise in nursing practice. However, there is little literature related to effective education methods designed to improve these abilities. This paper described a new educational trial program that centered on nurse managers’ problem solving in the Certified Nurse Administrator First Level Training Course, and discussed the problems associated with improving this program. In this trial program, 89 nurse managers watched a documentary video regarding one nursing management case at the beginning of the class. Then, they listened to a brief lecture about the problem solving process. Next, they undertook problem solving as the nurse manager in the situation presented in the document. The program consisted of five classes(15 hours). The team learning method was adopted in four classes regarding problem identification, information searching, structuring of problems, and planning. In the fifth class, participants undertook crossgroup presentations and discussion. Original work sheets were developed and used. Over the classes, the lecturers could see that participants’ analytical and conceptual thinking skills gradually increased, although not sufficiently, via their discussions, presentations, and descriptions and models of the problems on posters. Evaluation of this trial program showed a need for improvement in the educational methodology for analytical and conceptual thinking based on a learner-centered education.
参考文献: ライル・M・スペンサー, シグネ・M・スペンサー.( 2011). コンピテンシー・マネジメントの展開(完訳版). 梅津祐良, 成田攻, 横山哲夫訳. 87-90. 生産性出版.
前掲書1). 90 - 93.
前掲書1). 253 - 278.
ポール・ハーシー, ケネス・H・ブランチャード, デューイ・E・ジョンソン. (2000). 行動科学の展開(新版).山本成二, 山本あづさ訳, 12. 生産性出版.
真下綾子 , 小澤未緒, 井上幸子ほか.( 2009). PFI 導入による経営環境変化に対応するために発揮された看護管理者のコンピテンシー. 日本看護管理学会誌, 13(2),31 - 40.
吉田千文, 井部俊子, 中村綾子ほか.(2010). Problem-Based Learning を取り入れた認定看護管理者セカンドレベル講習の試み. 聖路加看護大学紀要, 36 号, 48 - 54.
草信洋子, 松枝睦美, 金平由紀子ほか.( 2013). ファーストレベル教育修了者のキャリア開発と看護管理能力の変化. 日本看護学会論文集:看護管理, 43 号, 75 - 78.
Michaelsen, l. K., Parmelee, D. X. and McMahon, K.K. et.al.( 2009). TBL-医療人を育てるチーム基盤型学習成果を上げるグループ学習の活用法. 瀬尾宏美日本語版監修. 株式会社バイオメディスインターナショナル. 9 - 49.
NHK online クローズアップ現代No3205「もう病院で死ねない ~医療費抑制の波紋~」. http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3205.html. [2013. 11. 02]
渡辺健介. (2007). 世界一やさしい問題解決の授業.ダイヤモンド社.
ウッズ,D.R. (2001). 第3 章問題解決のスキル. 新道幸恵訳. PBL Problem-based Learning 判断能力を高める主体的学習. 19 - 40. 医学書院.
Heneghan, C. and Badenoch, D. (2002). Evidencedbased MedicineToolkit SECOND EDITION. 斉藤武郎監訳 .( 2007). EBMの道具箱 [ 第 2 版 ]. 3. 中山書店 .
前掲書1). 86 - 99.
高田誠.( 2012). M-S-Tメソッドの考え方-実践で成果を出せる力をつける研修の方法. 看護管理, 22(12), 1011 - 1018.
虎の門病院看護部編 .(2013). 看護管理者のコンピテンシー・モデル: 開発から運用まで. 医学書院.
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11707
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014024-kiyo40-11707.pdf530.77 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください