DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11706

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: コミュニティアセスメントの実践的演習の成果
タイトル別表記: Learning Effect of a Practical Exercise Conducting a Community Assessment
著者: 大森, 純子
小林, 真朝
小野, 若菜子
麻原, きよみ
キーワード: 地域看護
コミュニティアセスメント
演習
community health nursing
community assessment
practice
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 105
終了ページ: 111
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 2009 ~ 2013 年度に4 年次選択科目「地域看護論Ⅲ」として,総合実習(地域看護)の3 領域である行政・産業・在宅の3 グループに分かれ,コミュニティアセスメントの演習に取り組んできた。最終年度にあたり,演習のステップや教材,取り組んだテーマやコミュニティ,学生および実習指導者のコメントをもとに成果をまとめ,新カリキュラムへの応用について検討した。 本科目は対象特性に基づくアセスメント能力を高めることを目的とし,対象理解と課題抽出の姿勢や視点,方法や技術を習得することを目標とした。学生は「地域の雰囲気を感じ,地域に入るきっかけをつかむ」「組織で働く人々の健康とは何かを考える」「法律や制度,行政と訪問看護実践のつながりがわかる」などの学びを得て,実習に向けた課題意識と高い関心を持ち,演習プロセスを通して,支援チームの一員としてのメンバーシップを養っていた。 新カリキュラムにおいても実習と連動させる形で実践的なコミュニティアセスメントを行うことにより,最終学年の統合学習として,主体的な意義ある学びへとつながることが示唆された。
抄録別表記: Starting from FY 2009 to FY 2013, the community health nursing department has launched a practical exercise conducting a community assessment as an elective course open to seniors. This paper describes the model course, workbook, previous theme of community assessment, and discusses the learning effect and application for the new curriculum. The aim of this course is to develop students’ practical capabilities for community assessment based on the characteristic of the target population. The learning effects of the students were“ getting vibrations from the community and gaining the opportunity to join the community,”“ pursuing what health means for the people who work in the organization,” “understanding the linkages among home visit nursing, legal system, and administration.” The students had clear objectives and high commitment to the community, and through the process of their practice, they developed a positive attitude as a member of the health care team. Implementing the new curriculum takes us in the direction of establishing links with experience in community assessment and how that assessment could be applied to community health. The practical exercise in community assessment was effective and enhanced subjective learning.
参考文献: Anderson, T, A., McFalane, J.(ed), 金川克子, 早川和生(監訳). (2007). コミュニティアズパートナー-地域看護学の理論と実際-第2 版. 医学書院.
横山美江, 松本珠実, 藤山明美, 他.( 2012). 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築:4 単位実習モデル. 保健師ジャーナル, 68(3), 226 - 234.
松本珠実, 森岡幸子. (2010). 保健師助産師看護師法の改正と保健師教育の展望(7)「実習現場から期待する保健師教育の展望」. 日本公衆衛生雑誌, 57(3),214 - 217.
岡島さおり, 横山美江, 佐伯和子, 他. (2011). 高度専門職業人としての保健師を養成する公衆衛生看護学実習モデルの構築. 保健師ジャーナル, 67(10), 886-893.
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11706
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014025-kiyo40-11706.pdf996.15 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください