DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
40号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/11705

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 病棟実習と外来実習を組み合わせた臨地実習成人看護学実習(慢性期)の構築
タイトル別表記: Structuring for Adult Nursing Practice(Chronic Illness and Conditions)that Combines Ward and Outpatient Care
著者: 飯岡, 由紀子
高田, 幸江
キーワード: 慢性期看護
臨地実習
外来看護実習
chronic illness and conditions nursing
nursing practice
outpatient care
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 40
開始ページ: 112
終了ページ: 117
発行年月日: 2014年3月
出版者: 聖路加看護大学
抄録:  近年の医療事情を反映し,病棟実習と外来実習を組み合わせた成人看護学実習(慢性期)を開発した。本稿ではその構築プロセスを報告することを主な目的とした。実習担当部署の看護管理者や実習担当者との討議を繰り返し,実習目標,実習内容,実習方法を検討した。この討議を踏まえ,成人看護学実習(慢性期)は1 週間の病棟実習と1 週間の外来実習で構成した。カリキュラム全体における実習目標(レベルⅡ)を踏まえ,外来実習でも実習2 日目以降は担当患者1 名を設定して看護実践を行うこととした。また,外来実習のための実習記録用紙を新たに開発した。更に,多忙な外来診療部門における実習であり,常に教員や実習指導者が関われる体制をとれない状況にあるので,効果的な実習とするための留意事項を実習要項に含めた。外来実習を行った学生からは,外来看護の役割に関する理解が深まったことが語られた。
抄録別表記: Adult Nursing Practice(Chronic Illness and Conditions)was developed that combined ward and outpatient care to reflect recent circumstances in medicine. The primary aim of this paper is to report on that structuring process. Practice goals, content, and methods were deliberated during repeated discussions held between the clinical practice instructors and nursing administrators from the department overseeing practice at the training facility. Based on those discussions, the Adult Nursing Practice(Chronic Illness and Conditions)was structured for 1 week of practice in the hospital ward and 1 week of outpatient practice. In accordance with the practice aims(Level II)of the overall curriculum, nursing practice was carried out by assigning 1 patient to take charge of after the second day of training in the outpatient practice. Record sheets were also newly developed for the outpatient practice. Furthermore, the essential training points included key considerations for effective practice since the practice took place in the busy outpatient department where teachers and practice instructors are not usually incorporated into the system. Students said they gained a better understanding of the role of outpatient nursing.
参考文献: 長瀬雅子, 高谷真由美, 青木きよ子他(2011): 慢性的な疾患/状態を抱える成人患者を対象とした看護学実習における体験型実習の意義, 順天堂大学医療看護学部 医療看護研究 8(1), 1 - 7
佐名木宏美, 武居明美, 堀越政孝他(2007):成人外来継続看護実習での人工腎臓センターにおける学生の学び, 群馬保健学紀要 28, 31 - 39
宮崎貴子, 丹羽淳子, 大西潤子他(2007): 看護基礎教育における外来がん化学療法見学実習のあり方の検討-成人看護学臨地実習における外来見学実習の取り組み- , 日本赤十字武蔵野短期大学紀要第20, 25 - 35
田中克子, 海津美香, 小田和美他(2004): 成熟期看護学実習の外来実習と透析室実習で捉えた「看護」の比較, 岐阜県立看護大学紀要 4(1), 133 - 139
本文の種類: Publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/11705
出現コレクション:40号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2014026-kiyo40-11705.pdf494.67 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください